結婚相手に求めるもの、婚活の条件は?実際の結婚生活から考える、必ず抑えたい点

結婚は人生の一大イベント。自分の人生のその後を左右する大きなイベントです。結婚相手によって人生が変わってしまうこともあります。

結婚したいけど、結婚相手の条件って何?恋人と何が違うの?実際に結婚してみて、現在婚活中の方に伝えたいことをまとめました。

恋人と結婚相手との違いって何

恋人には何を求めますか?一緒にいて楽しいこと?

恋人とは何をしますか?色々なところに出かけたり、何か美味しいものを食べたり、どちらかの家や部屋で過ごすのも楽しいです。プレゼントを送り送られ。とにかく仲良く楽しく過ごせることが第一です。生活基盤は基本的に別です。相手と楽しく過ごせれば、お金をどう使おうが、どのような場所に住んでようがあまり気になりません。そのまま恋人関係を継続するだけであれば。

そんな恋人が伴侶になると何が変わるでしょうか。まず大きく変わるのが、生活基盤が一緒になることです。生活基盤とは、衣食住やそれを支えるための収入、財産などです。愛情を抜けば、経済的に協力して一緒に生活を共にしていく経済的共同体になります。これまでもらって嬉しかったプレゼントが、「えっこれいくらしたの?」と考えてしまいますし、ちょっと高級レストランに行けば別のところで生活費を削らざるを得なかったりしてきます(そうならないでいい収入が欲しいものですが汗)。

”一緒にいて楽しいこと”を重視する相手が、”安定した生活を送れること”を重視する相手へと変わります。そしてスムーズに移行できるカップルもいれば、ちょっと違うかも・・・となってしまうカップルもいる。悲惨なのは、結婚してからその相手が実は自分の結婚相手としてふさわしくなかった、と気が付いてしまうパターンです。

”安定した生活を送れること”といっても、何を重視すべきなのでしょうか。あまり条件をつけすぎてもそんな理想的な相手はいません。私は結婚して子どもを育てています。最低限、何の条件があればいいか、実際の結婚生活を通して考えてみました。

結婚相手に求める条件

自分はどんな生活がしたいか

まず、自分はどんな生活がしたいでしょうか。自分がどんな生活がしたいかで条件は変わってきます。まず、自分のキャリアから考えてみましょう。

結婚後も働きたい

結婚後もどのような形であれ働きたいと思っているのであれば、結婚相手は転勤族でない方がいいです。特に自分のキャリアをしっかりと築きたいのであれば猶更。もちろん遠距離結婚でも構わない、子どもはもうけないのであれば気にする必要はありません。でも子どもを授かった場合、どちらかが単身赴任している状態だと、自分がどの程度キャリアを積んでいきたいかによって付随してくる条件は変わってきます。

◆結婚前と変わらずにバリバリ働きたい(バリキャリ路線)
現在の日本で、仕事も子育ても自分でパーフェクトに行うのは無理です。必ずある程度、どちらかは犠牲になってしまいます。そのためバリキャリ路線を継続するのであれば、自分自身が子育てに関わる時間を削らざるを得ません。この時にベビーシッターを雇うことや実家パワーを使いまくることにに理解があるか、が結婚相手に求められる条件になってくると思います。ここに抵抗のある人は意外と多いです。事前に確認しておく必要があります。

◆仕事量はセーブしてでも長く働き続けたい(ユルキャリ路線)
子どもを産んでも仕事は辞めたくないけれど管理職を目指すつもりはない、とにかく細く長く働ければいい、という人。この場合、メインで家事・育児をするのは自分になると思います。でも緩くでも仕事を続けるとなると、全て自分で行うのは難しい。ある程度パートナーからの助けがないとやっていけません。保育園の送りはお願いできる、とか、家事・育児にちゃんと前向きに関わってくれる、とか、子どもの親として当然であることを当然のように行ってくれることが大事になってきます。

◆パートなど、お小遣い稼ぎ程度の仕事はしたい
子どもを産んで正社員の仕事はできないけれど、収入は少しは稼ぎたい。この場合、パートナーと大きく収入格差が生まれます。収入格差を家事や育児の量に換算してくる人がいますが、私はそれは違うと思います。夫婦・家族は家政婦ではありません。綺麗事を言えば、みんなで協力し合ってやっていくもの。でないとどちらかが負い目を感じ続け、婚姻関係が主従関係のようなものになってしまいます。ただ、正社員で働いている人に比べたら時間的余裕があることが多いはず。時間的に余裕があるから家事を多めにやる。なので結婚相手としては家事をやることが苦ではなく、当たり前の思いやりがある人でないと精神的にきつくなってしまうでしょう。

専業主婦/夫になりたい(働きたくない)

結婚したら(子どもができたら)仕事を辞めて専業主婦になりたい、という人もいると思います。この場合は相手に求める条件ばかりを追い求めていたらダメだと思います。生きていくためにはお金が必要。自分が専業主婦になるということは、自分は生活に必要なお金は運んでこない、ということです。では、自分は何を家庭に運んでこられるのか。プロ並みの家事スキル?パートナーを支えるだけの器?子どもの子育て環境を整える?結婚生活はお互いの協力で成り立ちます。仕事を辞めて専業になりたいのであれば、自分はお金の替わりに何を家庭に運んでこられるのか、ここを第一に考えるべきだと思います。「仕事したくな~い」だけは甘えだと思います。

それを踏まえて、自分が専業になった場合でも生活していけるだけの収入があることを相手に求めるべきです。

収入は条件に含めるべき?

専業希望であれば、収入は間違いなく条件に含めるべきでしょう。でなければそもそも専業なんかなれません。ただ、年収600万以上の人が日本の数パーセントしかいない今、収入ばかりを追い求めても結婚相手が見つからないことは明白です。先にも述べましたが、相手の収入に見合った自分が提供できるスキルは何か、を現実的に踏まえながら条件に含めます。

自分が働くことが前提であれば、相手の年収は優先順位は下げるべきです。自分が稼げばいいんです。バリキャリでもユルキャリでも、長く働いて稼げるための相手を見つけるべきです。

”家事をやる(できる)人”は死守したいポイント

私は結婚してもうすぐ7年目、最初の出産からもうすぐ5年です。私は母親の病気をきっかけに「結婚しなきゃ!」と婚活を始め、職場の人と結婚しました。この時、相手探しに私が掲げた条件は2つ。優しいこと、家事をすること

結婚してれば完璧な人間でいることなんて不可能です。すぐにぼろがでます。ゴミを捨て忘れた、脱いだ服をそのままにベッドに倒れこんでしまった、疲れ果てて食器を洗うのを翌朝に持ち越し・・・恥ずかしい話ですが。そんな時にも怒らずグチグチ言わずに許してくれる優しさ。でないと結婚生活が精神的に疲れ果ててしまいます。優しさは大事。でもそれ以上に私が大事だと思うのが、家事をやる(できる)こと。

人が生活していくには、誰かが家事をしなければなりません。一般的な家庭であれば家政婦を雇うなんて、できて年末の大掃除の時くらい。日常の家事は自分たちでやる必要があります。私の夫は家事をやります。実家の頃(学生時代)から、台所の排水溝の掃除は夫担当だったとかで、今もやってくれます。あとは週末の掃除機かけ。洗濯物も私が干せない時はやりますし、布団干しも夫担当。お風呂・トイレ掃除、平日の料理は私がやります。週末の料理は基本的に夫担当。でも外食も多いですが。保育園の送りは夫担当で私はお迎え担当。私が家事をできない時は夫が助けてくれる、そう思うだけでとても気が楽です。全て自分がやらなければならないなんて重圧、無理。専業ならともかくフルタイムの総合職、資格の勉強もしないといけない中では夫が家事をすることは当たり前と思っています。

専業であっても体調の悪い時、当たり前のように替わりに家事をしてくれればどれだけ助かることか。優しさだけでは救われません。実際に行動に移してこその優しさ。結婚生活においては、その優しさは”家事をすること”で示してもらえるのが一番の助けになるのです。

子どもは欲しいか?

結婚して一番のメリットは、子どもが持てること、だと思っています。結婚しなくても子どもは持てますが、後付けでも結婚するカップルが多いのは、やはり子どもと結婚は切っても切れない関係にあることを示しています。

子どもが欲しいと思う気持ちは生物として当然のこと。でも理性が行動を司っている人間の中には、子どもを持たない選択をする人もいます。本能的に子どもを欲しいと思っていてもパートナーが拒否していたら?お互いとてつもないストレスに見舞われるでしょう。女性は猶更、初めは子どもはいらないと思っていても、産めるリミットが近づいてくるとやっぱり欲しい・・・と考えを変える人も少なくありません。

子どもについては予めよく考え、それに見合うパートナーを見つける必要があります。

尊敬できる点があるか?

結婚生活を送る上で、私は相手に対して尊敬できる点が一つでもあることが大切だと考えています。

相手が仕事で行き詰まり、自身を失ってしまったら?毎日グチを言うようになってしまったら?収入はちゃんと上がっていく?

お金は生活基盤中の基盤ですが、結婚生活が始まるとそのお金を稼ぐという点において色々と不安になってしまうことがあります。子どもの成長に合わせて必要になる費用は増えますが、年収も同じように増えていく時代ではなくなりました。自分も、相手も、ある程度努力しないと大幅な年収アップは以前より難しくなっています。

そんな時、相手に対して間違いなく尊敬できる点があるのとないのとでは、精神的余裕が全く違います。私の場合、夫は決して起用ではないし世渡り上手でもありません。でも、真面目に仕事に取組み必ずやり遂げる、という仕事ぶりについて私は心の底から尊敬しています。かなりキツい仕事でも、愚痴を吐いたり体調を時々崩しながらもやり遂げている姿を傍で見て知っているからです。

夫は数年前に転職しました。転職して初めの考査では、まさかの最低ランク。前職ではかなりいい評価をもらっていたのにも関わらず。でも私は夫を信じていました。初めは社風に慣れなかったり思うようにいかないこともある、でも絶対にこの人なら乗り越えて成果を出せると。実際、この冬に転職してから2回目の考査がありますが、上司からかなりの高評価をつけられているとのこと。信じて愚痴を聞き続け励まし続けてきた甲斐がありました(笑)。

もし私がいい評価をもらえなかった夫を責めたり愚痴を言ったりしてたら、家庭内の雰囲気も最悪だったでしょうし何より我が家の稼ぎ頭の心が折れて家庭がパニックになっていたかもしれません。一つだけ、心から尊敬し信じられる点があったからこそ夫を支えられました。

私はまだまだ結婚生活は6年目、これからもっと大変な山場はいくらでもあると思います。でも相手に対して尊敬できる点が1つでもあれば、それを支えに乗り越えていけるでしょう。

自分の生活を守る上で絶対に許せないポイント

最後におまけですが、酒・タバコ・ギャンブル・借金、これに対してどう考えているか、については必ず価値観を共有できる相手がいいと思います。これらは趣味・嗜好品の範囲を超えて家計や家族関係に大きな亀裂を与える可能性があるものたちです。我が家はお互い全部やりません。でも家庭によっては酒・タバコはやるところも多いと思います。どちらか片一方だけが強烈に我慢をしなければならないことは絶対に避けたいところです。

自分が結婚してどのような人生を歩んでいきたいか、地に足つけて探っていけるといいですね。もし何かありましたらメッセージいただけると幸いです。

 

LINEで送る
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

某シンクタンクでフルタイム総合職のmajikoです。 2013年に長男、2016年に長女を出産。日々時間に追われるワーママですが、子どもの教育も、自分の人生も諦めたくない!と欲張りに生きています。 共働きワーママならではの視点からのブログです。少しでもお役立ちできれば。