結婚しよう!結婚によって得られるメリットとは

人はなぜ結婚するのでしょうか?なぜ結婚したいと思うのでしょうか?結婚したいと本人が思っていなくても、外部からの結婚に対する圧力に悩まされている人も多いです。

私は、結婚した方がいい派です。だから今結婚しています。でも、結婚したくない人に「結婚っていいよ!ぜひしなよ!」なんて無責任で自己満足なことは言いません。だって、結婚によって自分以外の他人が自分の生活に大きく介入してきて、それまで描いていた自分のライフプラン(夢物語であることが多い)は簡単に覆されてしまう可能性は大きいから。

でも、結婚によってたくさんのメリットはあります。「結婚したら、好きな人とずーっと一緒にいられる!キャッキャウフフ」なんて理由ではありません。あくまで現実的なメリット。

なぜ人は結婚するのか?その目的を改めて整理してみました。

好きだから結婚する?

“好き”という感情は3年で消える

この人を好きになった、だからこの人と結婚したい!この流れは現代の結婚の第一ステップとして広く認識されていると思います。一昔前はお見合いが主流だったため、必ずしも好きになったから結婚していたわけではありませんでした。しかし今は、基本的に自由に恋愛して、自由に結婚しています。”好き”という感情が、結婚する上での大きなきっかけとなっていることは否定できません。

でも、”好き”という感情に寄り掛かった状態で結婚して大丈夫でしょうか?

”好き”という恋愛感情は3年で消えると脳科学的に言われています。人が恋に落ちると、EPAという恋愛ホルモンが脳内にドバドバ出てきます。でもそれが出続けるのも3年ほど。それ以降は別のホルモン、安心感や居心地の良さなどの幸福感を感じさせるホルモン(セロトニンなど)が分泌されるようになります。この頃にはそれまで恋愛対象だった人が空気のような存在となり、”マンネリ”した状況になります。一部、いつまでもラブラブな人たちもいますが、例外です。

恋愛感情は3年で消え、それ以降は別の感情が芽生える。恋は盲目と言いますが、この”好き”という感情だけで結婚をしてしまうと、後から痛い目を見る可能性は残念ながらゼロではありません。(某まとめサイトにはそんな実例がたくさん載っていますね・・・)

子どもを育てるために結婚する?

では、何のために結婚するのか。私は ”子どもを育てるため” だと思っています。選択的に子どもを持たない夫婦も多くいますが、子どもがいなければ独身の頃と同じ、恋人と同棲しているのと同じ状態。別に結婚していなくても達成できます。

でも子どもを育てるとなると話は別。結婚しなくても子どもは産み育てられますが、日本社会はあくまでも結婚した上で子どもを育てることを前提としています。結婚する以前に子どもができてしまった時、後追いでも結婚するカップルが多いのはなぜでしょう?結局、”結婚”という形を通してお父さん・お母さんがいる状況を子どものために法律的に作ってあげているのです。

子育てにおいて、子どもに対して固定された父親・母親がいることがとても重要です。一人の父親・母親との濃密な時間を過ごすことで愛着関係が形成され、子どもの情緒が安定し、安心して育っていくことができます。コロコロと親が変わるような状況では子どもは安心できません。そのため、結婚という契約で親を縛り、子どもの健やかな成長を守っているのです。

では、”子どもを育てる”ことを結婚の目的とした場合、男性・女性が得られるメリットは何でしょうか。

男性側の視点

男性にとって、結婚することにより自分の子どもに対して24時間献身的に守り育ててくれる、子どもの母親を得ることができます。子どもは一人前になるまで親の力なしには成長できません。結婚によって、子どもに安定して母親の存在を作ってあげることができます。

以前は専業主婦の形態が一般的であったため、多少家庭をないがしろにしてもそこまで強く文句は言われませんでした。でも近年では核家族化が進み、家事・子育てに積極的に関わらないと”ダメ夫”認定され、「ATM」扱いとなってしまうことが少なくありません。場合によっては妻のイライラは子どもにも悪影響、これでは結婚によって得られるはずのメリットが台無しです。そうならないように夫婦間の協力体制・話し合いは大事にしたいものです。

女性側の視点

現在は、フルタイムで働く女性が増えました。私もフルタイムで働いています。総合職のため、お給料も男性社員と同じ水準で頂けてます。高度経済成長期以降、日本は専業主婦というスタイルを推進し女性に家事・育児に携わるよう求めてきました。結婚によって男性に衣食住を保障してもらう替わりに子育てに専念できる環境を得ていました。

しかし近年、フルタイムで働く女性が増えてきました。決して容易な道ではありませんが、シングルとして子どもを育てる道も昔よりは選択しやすくなっているように思います。しかし、出産前後は一働くことのできない期間がどうしてもあります。そんな時、結婚によって安定した生活環境が得られ続けるのはやはりメリットです。

※一部で、「夫はATM」と言ってる女性たちがいます。これは恋愛ホルモンが分泌される期間が終わり、気が付けば夫は子育てをする同志には全くなっておらず、なんなら手のかかる長男に格下げ。これでは本末転倒。安定した生活環境にひびが入ってしまします。そうならないためにも、結婚相手は”好き”という感情に流されずに見極めたいものです・・・。

我が家では、夫は子育てに協力的であると思いますが、それでも日々イライラが絶えない毎日です苦笑。

経済的に裕福になるために結婚する?

子どもを持つこと以外の視点ではどうでしょうか。やはり、経済的に豊かになれることが結婚の目的の一つであると思います。

収入はプラス、一人当たりにかかる生活費はマイナス?

人が生活する上で何にお金がかかるでしょうか。

  • 居住費(賃貸でも持ち家でもお金は発生しますよね)
  • 光熱費
  • 通信費
  • 食費
  • 車(我が家はありませんが)
  • 被服費
  • 保険
  • 娯楽
  • その他・・・

ざっと基本的なところではこんなところでしょうか。

これ、二人で生活したからといってそれぞれにかかるお金が倍になるわけではありませんよね。

  • 居住費→よほど広い家に引っ越さない限り、2倍にはなりません
  • 光熱費→クーラーを二倍動かすわけではないですよね
  • 通信費→それぞれの携帯代を合わせたら2倍ですが、格安SIMで二倍にならない工夫は可能
  • 食費 →工夫が必要
  • 車(我が家はありませんが)→1台のままなら維持費は同じ
  • 被服費→それぞれの被服費を合わせたら2倍になるでしょうか
  • 保険 →ここは保障を厚くしたりで増えるかも
  • 娯楽 →工夫次第でどうにでも
  • その他・・・

収入は、どちらかが辞めたりしなければ単純に足した額になります。つまり、結婚によって世帯収入は大幅に増えますが、それに伴って出費も増えるわけではありません。

現在、日本の平均年収は20台で354万円、30台で467万円となっています。超単純に考えると、同じ年収の人同士で結婚したら、20代にして世帯年収は約700万円!あくまでも仕事を辞めなければ、二人で暮らしていく分には結婚によって生活が貧することはまずなさそうです。

勤務先から受けられる経済的優遇措置

また、結婚によって福利厚生を受けることができる企業もあります。

結婚手当が出たり、住宅手当が出たり、家族用の社宅に住めたり。私の勤務する会社では、役職に就かないと出ない住宅手当が結婚すると平社員でも即もらえたり(上限ありで家賃の7割もらえる・・・オイシイ)。

結婚によって、独身よりも会社を辞めにくくなるのでサポートした方が企業としても利益なのでしょうか。

自分の老後の不安を解消するために結婚する?

結婚すると、100%ではありませんが、老後の不安が多少解消されます。少なくとも、相手が自分よりも長生きしてくれれば孤独死しなくて済みます。逆に相手の方が先に死んでしまった場合は、自分自身でそれなりの準備をしておく必要がありますが。

子どもがいる場合

結婚して、子どもを授かることができればある程度老後の面倒を見てもらえると思います。ただし、それまでに親子関係が破綻していれば話は別ですが。

老後の面倒を子どもに見てもらう、といっても私はおんぶに抱っこの状態は好みません。身体が動くうちはすべて自分でやる、いよいよボケたり寝たきりになってしまった時、ヘルパーさんの手配をしてもらったり役所に必要な手続きをしてもらったりと、事務的な手続きをしてもらうに留めたいものです。いくら自分の子どもだといっても子どもには子どもの生活がありますしね。

なので、子どもがいる場合でも介護にかかる費用はちゃんと貯金しておきたいものです。あと、自分が死んだ際の葬式費用は。結婚して子どもがいても、最低限の用意はしておくのがマナーだと思います。でも、子どもがいれば最終的に頼りにできるのも事実。

子どもがいない場合

子どもがいない場合は誰に老後の面倒を頼むのか?配偶者がいる間はいいですが、いよいよ一人になり、動けなくなったら本当に何もできなくなります。孤独死する覚悟でそのまま生活し続けるのもありだと思います。その際には住宅の手入れにかかる費用は現金で置いておきたいところです。

または元気なうちから高齢者住宅や施設に入所してしまうのも手です。”サ高住”が少し前に流行りましたね。サービス付き高齢者住宅。ただの高齢者向け住宅ではなく、クラブ活動があったり買い物に連れて行ってくれたりなど色々なサービスが受けられる施設もあります。一人になったら、一人になってしまう前にこういった施設に入所しておけばなんとかなりそうです。結婚していれば収入も増え、財産も増えるためこのような施設に入所するための費用を賄うことも無理ではありません、

精神的に楽になるために結婚する?

世間からの”結婚せよ”というプレッシャーから解放されるために結婚するのもありです。相手には悪いけれど、一度でも結婚したという実績があればプレッシャーからはひとまず解放されます。相手との関係が良好であればそのまま継続すればいいし、そうでなければ円満離婚すればいいだけです。

私は母親に孫を見せてあげるために早くに結婚しましたが、それによって「いつ結婚するの?早く孫見せてね」というプレッシャーからは早々に開放されました。まあもともと結婚願望はあったし子どももすぐに生みたかったからよかったんですが。でも早くに結婚したことでプレッシャーから解放され、別のことに自分の意識を向けることができました。

 

もし”そのうち結婚したいなあ”と思っているのであれば、さっさと結婚してしまった方がいいと思います。結婚は選ぶ相手次第でいくらでもデメリットを受ける可能性があります。でもちゃんと相手を選べば、メリットたくさん、一人でいるよりも精神的に豊かな生活になるのでは、と私は思います。

LINEで送る
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

某シンクタンクでフルタイム総合職のmajikoです。 2013年に長男、2016年に長女を出産。日々時間に追われるワーママですが、子どもの教育も、自分の人生も諦めたくない!と欲張りに生きています。 共働きワーママならではの視点からのブログです。少しでもお役立ちできれば。