夏休みの宿題をめぐって息子に怒られた話

夏休みって、何でこんなに宿題だらけなんでしょう。

息子がもらってきた宿題

  • 絵日記(二枚)

  • 自由研究

  • あさがおの観察(花の観察、種の観察)

  • 一言日記

  • 先生お手製の算数ドリル(親が丸つけ)

  • 先生お手製の国語表現ドリル(親が丸つけ)

  • 読書記録表(10冊)

  • 計算カード(20問綴り、足し算引き算各二セット)

  • 絵の具での色塗り

毎日家にいてあげられれば、毎日少しずつやればいい。でもフルタイム勤務だと平日はほぼ無理…

小学校入学して初めての夏休みの宿題だったため、親の方が身構えてしまいました。

当の息子、見通しを持つことが超苦手。とってもお気楽。

とりあえずドリルは学童で片付けてきてもらいました。帰宅後に丸つけ、直しはまた学童で。

(学童では毎日勉強の時間を設けてくれているため、友だちと会うことに一緒にコンスタントに作業が捗ったようです)

でも他のは学童ではなかなか難しい。絵日記や自由研究は土日に片付けました。こちらもなんとかOK。

問題は、読書記録と計算カード!

息子はディスレクシアの気があるので、どんなに短い本でも「自分で読む」のが本当に大変。読み聞かせは毎日してるんだけどなー、「自分で」は読んでない…絵を眺めてる程度。

なので読書記録については、夏休み前に先生に相談し、親と一緒に読んだものでもOKにしてもらいました。

残るは計算カード…

足し算、引き算、ミックスと三パターンにおいて、何分で回せたかを1日につき二回、時間を計測して記録する。20日分程度。

最終的な目標は、ミックスで全80問を6分以内でできるようにすること。

もう八月半ばなので、親としては毎日ミックスでやってほしい。

ところが息子は足し算だけ、引き算だけ、と早く終わらせられるパターンでしかやらない。

これについて、「夏休みの宿題は、表を埋めることじゃなくて全部のカードを6分以内でできるようにすることだよ!?ミックスでやらないとダメじゃない!」

少しきつく言ってしまいました。

すると息子、

「オレの宿題なんだからお母さんぐちゃぐちゃ言わないで!!!」

普段、自分の意見を強く言うことの少ない息子。

恐らく初めての言葉による反抗でした。

(駄々をこねたり、動かなくなったり、行動による反抗はこれまでもありました。でも、言葉でハッキリと親に自分の思いを伝えてきたのはこれが初めて)

おぉっ!!!

お母さん嬉しくなっちゃったよ!

「じゃあ自分で考えてやりなさい」

と平静を装って伝えたものの、内心我が子の成長にニヤニヤしっぱなしでした。

暇さえあれば「オレだらだらしたい~」とずっと寝転がっている息子。

私と正反対ののんびり屋なので、つい色々口出ししていましたが、そうだよね、もう小学校一年生だもんね。。

それに、計算カードをどのようにやるか、やった結果、どこまでできるようになったかは子どもの問題。

子どもが夏休み明けにどう思うのか、ですもんね。

ただ、声をかけないとやろうともしないので、「計算カードやろうね」と声掛けはします。(始業式まで、あと2日しかサボれないほど記録表が埋まってない…)

でもどうやるか、は息子に任せようと思います。

本当は記録表を埋めるか埋めないか、も子どもにも任せるべきなのかもしれませんが、そこはまだ一年生。

宿題はちゃんとやるものだ、ってことは身に付けてほしいので。任せるのは三年生からかな…

子どもの成長を感じた一瞬でした。

LINEで送る
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

某シンクタンクでフルタイム総合職のmajikoです。 2013年に長男、2016年に長女を出産。日々時間に追われるワーママですが、子どもの教育も、自分の人生も諦めたくない!と欲張りに生きています。 共働きワーママならではの視点からのブログです。少しでもお役立ちできれば。