井の頭自然文化園(動物園)のプチ水族館、水生物園!暑い夏の子連れ避暑スポット

暑い日が続きますね、年々暑さが身体にこたえます。でも暑くても子育てはノン・ストップ!暑い日、外に出ないで家の中で本を読んでたいけれど、そんなわけにはいかないのが子育ての辛いところ。公園に連れて行くにしても、熱中症が心配で長時間は難しい。そんな時、我が家は井の頭自然文化園(動物園)の”水生物館”を利用しています。

井の頭自然文化園

井の頭自然文化園、通称 井の頭動物園は住みたい町で人気の吉祥寺駅から歩いて10分ほどのところにあります。

休園日:月曜が休園日、月曜が祝日の場合は翌日火曜日がお休みになります。

入園料:大人400円、子どもは中学生まで無料!すばらしい!
ちなみに年間パスポートは1600円なので4回行けば元がとれます。我が家はもちろん購入済み。家が近いので最低でも月に二回は訪れているので元はとれまくりです。

本園

地図の西側(左側)が本園。今は亡きゾウの花子がいたのもこちら。モルモットとの触れ合いコーナーやペンギン、猿山、リスやしか、たぬき、カピバラ等の動物がいます。スポーツランドという名前の小さい遊園地もあります。1歳から一人100円で乗れるのでとてもお得。4歳からは一人でも乗れるようになるので超コスパいいです。

井の頭自然文化園に来る人の多くがまずはこの本園の方に来ています。芝生広場もあるのでレジャーシート広げてお弁当も◎。我が家はおにぎりを持って行って、寒い日は園内の売店でスープを買って食べています。ベンチが至る所にあるので、動物を見ながらも食べられます。

水生物園

本園も子連れには楽しいですが、今回おすすめしたいのは東側(地図の右側)の水生物園の方!400円で買ったチケットで、こちらももちろん入れます。水生物園は水辺に暮らす動物が展示されています。外のエリアにはカモやアヒルなどの鳥がメインにいます。屋内施設の水生物館に魚やいもり、カエルなど水中で暮らす生き物が展示されています。

水族館は海水の魚がメインで展示してありますが、こちらは淡水の日本の魚がメインで展示してあります。外来種はそれと分かるように表示されています。そしてなんといっても、水生物園の中にある水生物館は屋内なので涼しい!吉祥寺から汗をかきかき歩いていくと、クーラーのきいたこの施設は本当に天国のようです。

お魚タッチ

水生物園のメイン展示、魚が触れます!

写真が見にくいですが、右手にフィルムケースを持っています。中に餌が入っていて、お魚タッチの水槽に泳いでいる魚(ウグイ)に餌をあげられます。餌はもちろん無料。ある一定の時間になると、20ケースほどが籠に入れて出されるので、小学生までの子どもは自由にとってあげることができます。

休日は人が多くすぐになくなってしまうのですが、平日(特に雨の日)は人が殆どいない時間帯もあり、2回くらいやっても大丈夫そう。また、ここ、餌をあげるだけでなく、水槽に手を入れて魚に触ってOKです。手を入れるとウグイが一気にやってきて吸い付いてきます。歯のない魚なので、ケガをすることはありませんが、それでもその勢いに、大人でも思わず手を引っ込めてしまいます。

冬に行った時の映像ですが、別角度から見るとこんな感じです。

その他の展示コーナー

カイツブリ

カイツブリのいる水槽では、写真では見えませんが水の中を餌となる魚が泳いでいます。カイツブリがお腹が減った時、自分で潜って魚を追いかけて食べる、という光景が見られます。水中での鳥の様子はなかなか見られないので面白い展示です。シュールです。同じ水槽にはスッポンもいます。

オオサンショウウオ

水生物館には、絶滅危惧種のオオサンショウウオもいます!どこにいるか、分かりますか?

こちらの方が分かりやすいでしょうか?オオサンショウウオのお尻~しっぽが見えてますね。殆ど動かないのですが、時折呼吸のために水面に顔を出す姿が見られます。この写真を撮った日、ちょうど呼吸しようと水面に顔を出していました。もう水生物館には数十回行っていますが、初めて見たので見とれてしまい、写真を取り損ねた。

ミヤコヤナゴ

ミヤコタナゴという魚。見えにくいですが、水槽の底にカップに貝が入っていて、産卵させようとしています。繁殖にも取り組んでいます。

その他

水生物館には、他にもたくさんの水生物がいます。ヒバカリという蛇やタガメ、ゲンゴロウ、アマガエル、アユ・・・外来生物としては巨大なカミツキガメやブルーギル、オオクチバスも展示されています。井の頭池をかいぼりした時につかまえた外来生物も多数展示されています。また写真撮ってきたらアップしていきたいと思います。

この夏は、井の頭自然文化園、ぜひ本園だけでなく水生物園にも足を運んでみてくださいね!

LINEで送る
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

某シンクタンクでフルタイム総合職のmajikoです。 2013年に長男、2016年に長女を出産。日々時間に追われるワーママですが、子どもの教育も、自分の人生も諦めたくない!と欲張りに生きています。 共働きワーママならではの視点からのブログです。少しでもお役立ちできれば。