育休って辛いよ・・・社会からの隔離、罰ゲーム?

こんなことを書くと怒られそうですが。

2017年7月現在、娘1歳二か月、育休二年目に入りました。辛い!辛すぎる。別に会社で働くのが好きなわけじゃない。毎日「早く帰りたいなー」と思っていた。なのに、今は「早く復帰して早く働いてお金稼ぎたいー・・・(切実)」と思っている自分がいます。

子どもは可愛いし、お兄ちゃんは昼間は保育園なので赤ちゃんと二人。専業主婦の方は上の子が幼稚園の年齢でなければ一人で二人(以上)世話しているわけで、とても恵まれている。分かっているのに辛い。なぜか。社会から隔離されている気がするからです。同期はバリバリ仕事をやって評価をもらって、方や私は?同じように思っている方、多いのではないでしょうか。育休って辛いよ!何が辛いのか、考えてみました。

一日の過ごし方

大抵6時に起床、子ども達を起こしてご飯を食べさせながらお兄ちゃんの保育園の用意、夫の会社の愚痴を聞く、洗濯物、自分の準備。

8:30頃、お兄ちゃんを保育園に連れていく。ここで、すんなり連れていければ天国、保育園行きたくない病を発症すると地獄。保育園行く/行かないの押し問答を1時間続けることも。娘を抱っこした状態で。ほんと、神経すり減ります。

10時頃、娘が起きていれば市の親子広場へ。三歳までの子ども達が遊べる屋内施設で、絵本やおもちゃがたくさん。ハイハイするのにちょうどいいです。毎日午前と午後にお歌の時間があり、パネルシアターやお誕生会があって親も楽しい。

12時頃、帰宅。お昼何食べるか・・・これを考えるだけでもうストレスです。会社なら社食に行けば美味しいご飯食べられるのに!お肉に小鉢に栄養バッチリなのに!自分で自分が食べるものを考えないといけないのって結構疲れます。気が付くと、炭水化物ばっかりになってたり。。あああ。

午後、娘がお昼寝をしてくれると思いきや、抱っこでないと寝ない。置いたら起きる。抱っこしていると色々なやる気が削がれる。買い物に行ったり、本屋さんをうろついてみたり、また親子広場に戻ってみたり。

16:30頃、お兄ちゃんを保育園にお迎えに。朝は保育園行きたくない!って言ってたくせに、帰りは「もっと遅くお迎え来てよ!」と怒られる始末。どないせいっちゅーねん。

帰宅と同時にお兄ちゃんのピアノの練習と公文の宿題を見つつ夕飯作り。娘は足元で構って~とウロウロ。作り置きしていればいいのですが、作り置いたものがどうしても好きになれず、毎日作ってます。総菜もちょこちょこ活躍。

19時頃、怒涛のお風呂、着替え、歯ブラシタイム。もはや記憶がない。

~20時、怒涛の絵本タイム。絵本大好きなお兄ちゃん、毎日1時間は読まないと寝てくれません。私の記憶が先に飛ぶ。そのままグッナイ。

特段何をしているってわけではないのですが、自分の時間を99%誰かのために使う、これってすごい疲れる。子どもの笑顔や仕草にフフフとなりつつも、早くお昼寝して・・・と思ってしまうダメママです。

突然消える一人の時間

出産は家族が増えて嬉しいもの。でも生んだ瞬間から一人の時間は消えました。誰か(夫でも実家でも、公的機関でも)の助けなしには母親が一人の時間を作るなんてほぼ無理。作ろうとしても誰かに頭を下げなきゃいけない。

会社では、”仕事”とはいってもランチを何かを抱えて立ってゆらゆらしながら食べなきゃいけない、なんてことはないし、上司とソリが合わなくても”大人”な対応で乗り切れる。仕事もやれば終わる。どれだけ忙しくても、通勤・帰宅の電車は一人。どれだけ帰宅時間が遅くても、”自分のペースで”ご飯を食べ、食器を片づけ、シャワーを浴びてベッドへダイブ。これって幸せなことでした。

今も子どもが起きる前の朝の時間でこの記事を書いてますが、寝室から娘の「ア~~ッ!(お母さんどこー!)」って声が聞こえてきたら即中断。育児”休暇”ではありますが、落ち着いて自分のことができるリフレッシュ時間なんて一日で何分あるでしょうか?

でも会社に産休の挨拶をすると「いいなあ、休めて」「子どもと一緒にゆっくり過ごしてね!」とお花畑なイメージで送り出される。忙しい中ご迷惑おかけしすみません、すみませんと頭をペコペコ下げて、なんで子ども産むだけでこんなにペコペコしなきゃなんないの!?と頭の中で思いつつ、対外的には笑顔で恐縮して申し訳ござーせんのポーズ。

産休・育休を”休暇”と捉えている人に言いたい。”休暇”ではないです。休暇とは、自分の自由になる時間があることが全ての前提。育休にはそれはない。”休暇”って言葉を変えてほしい。

専業主婦とも違うストレス

育休中、基本的には育児に専念していればいいはずが、私は常に何かに追われている気がします。それは何か?『せっかくの”休暇”だから、スキルアップのために何かしなければいけないのでは』とある種、強迫観念に追われている気がします。会社が忙しい中1年以上も会社をお休みする、それならその間スキルアップして復帰して、会社を休んだ期間の穴埋めをしなければいけないのでは!?

・・・もう重症ですね。自意識過剰。

でも、「育休って仕事休めていいな」と言われるたびに、復帰したら迷惑をかけたことについて穴埋めをせねば!と思ってしまうんです。マジメだから。実際は、”会社の仕事”はしてないけれど”育児”という仕事はしているわけで。でもどれだけ育児を頑張ったところで会社には何も関係ないですもんね。これが、ワーママ(の一部。全員とは言わない。)が抱える特有のストレスではないか、と思うのです。

せっかく休みだからTOEICのスコアアップさせなきゃ!資格の一つでも取らなきゃ!そうやって自分を追い込むも、日々まとまった時間なんて取れるわけがない。実家パワー全開の羨ましい人たちは置いといて、育児と家事をこなすので精一杯で、スキルアップなんか優先順位低くなってしまいます。でも復帰の日は刻刻と迫ってきて、復帰して大丈夫か、と漠然とした不安に際悩まれるのです。この真面目すぎる性格、本当になんとかしたいです。

まとめ

ぐだぐだ書いてしまいましたが、そもそも育休中は”休暇”じゃないから日々疲れてるし、でも会社からは”休暇”として認識されてるし、会社に所属している以上スキルアップは必要で、でも育休中は自分の時間なんて殆どないから思うようにいかない・・・

そして何より、これまで会社を通して”社会人”をやっていたので、何の成果もなく報酬もなく認められることもない日常が耐えられない。結果、わが子とべったり過ごせるはずの育休が辛いと感じてしまうのです。そして最大のハードル、保育園問題!これについてはまた別記事で、滾々と思いを述べたい。

育休は辛いですが、小さく幼い子どもの成長とゆっくり向き合える、とても大事な時間なので、小さな幸せを見つけながら充実した時間を過ごしていきたいと思います。

LINEで送る
[`livedoor` not found]

4 件のコメント

  • はじめまして。
    現在4ヶ月の娘がおり、まさしくこの状態であったため、思わずコメントしてしまいました。
    他の記事も読ませて頂きましたが、考え方が似ているなと思ったり、先輩ママとしてこの先の生活をイメージさせてもらったり。仮にご近所さんだったらお話してみたい、と思うほどに(^^)笑

    育児って本当に大変ですね。お互い頑張りましょうね。

    • まろ様
      コメントありがとうございます!お返事遅くなり申し訳ありません。
      共感いただけて嬉しいです。今年の5月に復帰し、日々の生活に忙しく全く新しい記事を書けておりませんが、同じような心境の方がいると分かるだけで励みになります。
      復帰したら復帰したで大変なことばかりですが、同時に家庭での自分とは違う自分の存在価値を認識でき、頑張ろうという気持ちになれますね。

      コメント頂けて嬉しいです。お互い頑張りましょうね!

  • はじめまして。
    普段は色んな方のブログを読んでもコメントなんてしないのにあまりに共感したためコメントさせていただきました。
    わたしも出産前は毎日終電まで働いていました。毎日仕事やだなと思いながらも一方で必死に働いている自分が好きでした。
    産休に突入してからというもの周りの同期はバリバリ働いているのに私は何も世の中には貢献してないと世間に置いてかれた感をひしひしと感じています。。
    仕事をしているときは仕事やだなと思い休暇中は仕事したいなと思い、結局のところないものねだりなのかなーなんて思いながら育児頑張ってます。
    言葉の通じない子どもと24時間接するのって大変ですよね、お互い頑張りましょう!

    • みき様
      コメントありがとうございます。気が付くのが遅くなり、コメント頂いてからかなり時間が経ってしまい申し訳ございません。
      コメント頂けてとてもうれしいです。子どもがいると仕事をセーブせざるを得ず、独身だったり子どもがいないでバリバリ働いている方を羨ましく思ってしまうのも事実ですが、同時に仕事中にも子どものことをふと考えてしまうのも事実。折り合いをつけながら頑張るしかないですよね。あまり気張らずに頑張りましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    某シンクタンクでフルタイム総合職のmajikoです。 2013年に長男、2016年に長女を出産。日々時間に追われるワーママですが、子どもの教育も、自分の人生も諦めたくない!と欲張りに生きています。 共働きワーママならではの視点からのブログです。少しでもお役立ちできれば。